SERVICE02

住宅設備

住宅設備

エコキュート

工事メニュー

  • エコキュート交換工事

    エコキュートからエコキュートへの交換をします。

    150,700円〜

  • 基礎工事

    ガス給湯器からの取り替えの際や、破損している場合に必要です。

    27,500円〜

  • ふろ配管新設工事

    給湯専用、セミオートから追い焚きができるフルオートにする際に必要です。

    44,000円〜

  • 200V電源新設工事

    ガス給湯器や石油給湯器からの取り替えの際に必要です。

    33,000円〜

  • 幹線引き替え工事

    深夜専用の電力メーターがある場合に必要です。

    55,000円〜

  • 商品保証5年

    12,100円〜

  • 商品保証8年

    26,400円〜

  • 商品保証10年

    31,900円〜

  • 申請費

    5,500円〜

こんなお困りごとを解決します

  • お困りごと 電気温水器、エコキュートが古くなってしまった

    設置から10年以上が経過すると修理が難しくなります。壊れてお風呂に入れない!ということを避けるためにも少しでも故障の兆候があればお早めの検討をお勧めします。

  • お困りごと ガス料金と電気料金のどちらも支払いをしている

    お使いのガス給湯器からエコキュートに交換し、ガスコンロをIHコンロに交換すれば、オール電化が実現できます。災害での復旧が早い電気に一本化しておくと安心です。

  • お困りごと 電気代を削減したい

    10年前のエコキュートから最新のエコキュートで15,000円程度が年間で削減でき、電気温水器からエコキュートへの交換であれば60,000円近くの電気代が削減できます。

  • お困りごと 災害時も水やお湯が使えるようにしたい

    エコキュートは貯湯式の給湯器なので災害時はタンクにたまったお湯や水を非常用水として活用することが可能です。

  • お困りごと 太陽光の余剰電力を有効活用したい

    夜間の割安な電力を活用してお湯を沸かすのがエコキュートですが最近、注目を集めているのが、太陽光設置家庭で、昼間に余った電気を活用して沸かすことです。電気代の削減につながります。

  • お困りごと 自動でお湯はり、追い焚きができるようにしたい

    追い焚きができるフルオートタイプのエコキュートが現在は主流です。給湯専用タイプ、セミオートタイプは生産量が少ないこともあり機器代が割高に。フルオートへの交換がお得です。

エコキュートについて

10年使うエコキュートだから施工品質や省エネ性能も含めてご検討ください。

当社にご相談頂くお客様の中には、過去の工事で失敗、後悔してしまった方もいます。
・商品選びや初期設定が不適切で思ったほど省エネ効果を得ることができなかった
・経費削減のために安い部材を使っており劣化が早かった。
・凍結防止のための保温工事が不十分だった
・仕上がりがキレイではなかった

商品選び、業者選びが大切になります。

くらしのドクターでは、以下のこだわりがあります。
・機器や建物を傷つけないための養生
・正しい施工部材の選定
・凍結防止のための保温
・水漏れの原因を事前に防止
・正しい説明、正しい設定

【メーカーごとの特徴】

<パナソニック>

言わずと知れた国内大手電機メーカーのパナソニックは、エコキュート市場においてもトップレベルのシェア数を誇っています。

パナソニック製エコキュートの魅力は、何と言っても省エネ性の高さにあります。
浴室に人が来たことを感知してから加熱を行う「エコナビ」、浴槽に残ったお湯の熱を利用し、夜間の沸き上げ費用を節約する「ぬくもりチャージ」など、お財布にも環境にも嬉しい機能が多数搭載されています。

また、太陽光発電システムを設置されているご家庭の場合、余剰電力を使用して湯沸かしを行う「ソーラーチャージ機能」も活用できます。
この機能を活用することで、自家消費の幅もぐんと広がることでしょう。

パナソニックのエコキュートは、地震に強い4本脚設計が特徴で震度7相当に耐えられる仕様になっています。熊本地震でエコキュートのタンクが傾いてしまった経験を持つ熊本では特に人気の商品になっています。

また、台所リモコンには無線LANをスタンダードモデルでも標準搭載しており、スマホでの操作も可能です。特に、パナソニックのHEMSを搭載している家庭では連携をさせ、住宅設備を一括でマネジメントすることが可能になります。

ZEH住宅設備に合わせた給湯管理、エネルギー管理をスマホで操作が可能。

さらに、人センサーが付いているので、お風呂を使用する数人の好みに合わせたお湯の温度を調整してくれます。

<コロナ>

エコキュートは日本で生まれた省エネ給湯器ですが、2001年に世界で初めて開発に成功したのがコロナです。まさに「エコキュートのパイオニア」と言える存在です。

コロナのエコキュートの特徴は、「ES制御」という「つくる」「ためる」「使う」という3つの技術を融合させた制御で、「お湯の沸き上げ」や「省エネ給湯回路」「省エネ保温」など、コロナだけの省エネ技術で、新省エネ基準のおいて高い年間給湯保温効率を達成しています。また、音に関しては図書館の中レベルの運転音です。

タンク内の配管には全てステンレスを採用し、国内(新潟)で製造した高品質のタンクで耐久性に優れていることも特徴の一つです。

日本で初めてエコキュートの開発したメーカーであり、豊富な製造ノウハウと消費者に寄り添う設計や、機能になっていて当社でも人気メーカーの一つです。

メーカーの技術スタッフが熊本にも常駐しており、故障や修理の対応もスムーズです。エコキュートを専門的に取り扱うメーカーになります。

<ダイキン>

エアコンでお馴染みのダイキンですが、空調メーカーとして培ってきた技術をベースにエコキュートも販売しております。近頃はテレビCMでも積極的に宣伝をしており、メーカーも力を入れている商品です。ダイキンは、エアコンと同様に24時間365日のサポート体制を整えています。電話がつながりにくいということもあまりないという印象で、深夜に起きた故障にもコールセンターが対応してくれます。

マイクロバブルアダプター(別売り)を取り付ければ、より快適なバスタイムをも実現できます。マイクロバブル入浴は、入浴時の快適性を高めてくれる機能です。
取り付けた「マイクロバブルアダプター」が空気を取り込み、約0.005~0.05ミリの微細な泡(マイクロバブル)にして浴そう内に放出します。
マイクロバブルは、心地良い使用感で快適なバスタイムを演出し、温熱効果で体を温めてくれます。洗浄効果を高め、お肌のうるおい感もアップするとも言われており、美容に関心が高い方にお勧めです。

フルオートタイプでも他メーカーで使用が不可能なにごり系入浴剤を使用できるのも一つの強みです。

<三菱>

パナソニックともにトップシェアを分け合っているのが三菱です。上位機種には、「ホットアワー」機能が搭載されており、マイクロバブルでお風呂の快適性を高めてくれます。浴室暖房器との連動機能は、三菱にしかありませんので注目です。惜しい点としては、標準モデルには配管自動洗浄が現在のところ搭載されていないところです。

三菱のエコキュートは独自機能があり、美肌や湯冷め防止にこだわった「ホットあわー」や、湯はり後に菌の増殖を抑制する「キラリユキープ」、風呂配管や熱交換器まで自動で掃除する「バブルおそうじ」機能があります。

さらに、「ほっとリターン」は昨日のお湯の「熱」を再利用して今日のお湯にするエネルギーに使われるので、高効率にエコキュートを使用できます。

注目機能

  • 最新のエコキュートには、以下のような機能が搭載されています。

    ・センサー付き浴室リモコン
    ・省エネ制御 :日々のお湯の使用量から必要最低限のお湯を沸かします。
    ・太陽光連携 :太陽光発電の余剰電力を活用して、お湯を沸かす機能です。
    ・スマホで遠隔操作 :外出先からお湯はり予約ができる機能です。
    ・自動配管洗浄:使用後に追い焚き配管に残った汚れを洗浄します。

    これらの機能により、エコキュートの省エネ性と利便性がさらに向上しています。
LINEで写真を送って簡単見積もり