COLUMN

くらしのドクターコラム

熊本で住宅用の太陽光発電システム・太陽光パネルを取り付け・設置の工事なら|くらしのドクター

熊本で太陽光発電設備の購入をご検討されているお客様に役立つ情報をコラムとしてまとめています。消費者の味方として、悪質なセールスにも正しい判断ができように、正しい情報を提供しております。

すぐにお見積もりを取りたい方

くらしのドクターTOP
「記事を読むのは面倒だ!直接説明をしてもらいたい!見積もりを取りたい!」という方は、電話・メール・LINEなどでお問い合わせください。

熊本県の太陽光普及率

熊本県の太陽光普及率は、2022年のデータによると17.6%(6件に1件が設置)となっており、この数値は全国の中でもトップ10に入ります。普及している背景としては、熊本県の日照時間や晴天日数は、全国平均と比較してもかなり高く、ほかの地域よりも1年を通して天候が安定しています。そのため、熊本を含めた九州エリアは太陽光発電の設置に最適な環境だからです。

電気代高騰でさらに普及が進む

電気代高騰

電気代の上昇の要因は、「再エネ賦課金の上昇」「電力の供給不足」など様々な要因が考えられますが、最も大きい原因が「燃料調達価格の上昇」です。日本の電源は、石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料を使った火力発電に依存してしており、海外からの輸入に頼っています。そのため、世界情勢(ウクライナ問題、コロナ、円安など)の影響を受けて、燃料調達価格が上昇し、それが電気代にも影響を及ぼしているということです。

太陽光発電は経済メリットが出ない?

正直にお伝えします。太陽光発電をつけてもメリットがでないこともあります。

「太陽光発電の経済メリット」とは?

そもそも「太陽光発電の経済メリット」とは、売電収入だけではなく、電気代削減効果も含みます。つまり、「太陽光の経済メリット」=「売電収入」+「電気代削減効果」ということになります。

メリットが出ない場合は?

基本的に多くの場合ではメリットが出ますが、条件によってはメリットが出ない場合もあります。

具体的にメリットが出ない事例としては、
・屋根材の種類(瓦屋根の場合は特殊架台を使用するため初期費用が高くなります)
・屋根に補修が必要な場合
・パネルを設置する方角(南向きが最も発電効率が高いです)
・住宅の周辺に光を遮り、影ができると発電量が減ってしまいます。

「では、私の家はメリットが出るの?」と思われた方は、お近くの電気工事会社にご相談して頂ければ、基本的には無料で調査とシミュレーションを作成してくれます。

当社は地域の地元企業で信頼を第一としており、メリットが出ないお客様に正直にお伝えします。

その見積もりは正当?

太陽光を購入する際に十分に検討して頂きたいのが、出てきた見積もり・シミュレーションが妥当なのかということです。これを確認するための方法をご紹介します。

最も信頼できるエビデンスは、国(経産省)が出す資料になります。

調達価格等算定委員会資料

太陽光設置の初期費用の目安はズバリ

2024年度のところのシステム費用は「25.5万円/kW」となっています。これが現在、国が算出している日本で10kW未満の太陽光を1kW設置した時の相場になります。

例えば、5kWの太陽光パネルを設置した場合の費用はおおまかに
「25.5万円/kW」×5kW=127.5万円となります。

こちらが大まかな金額の目安になります。提示された金額が大きく異なる場合は、内容や理由を細かく説明を求めることが重要です。

売電価格が下がってきているからメリットが出ない?

太陽光価格推移

確かに売電価格は下がってきていますが、太陽光パネルの設置費用は下がってきていることや、電気代が高騰している背景を踏まえると今も昔もメリットは変わらないというのが正しい答えです。

経産省は、太陽光パネルの設置費用や電気代を加味して、今も昔も同じメリット(IRR3.2%)が得られるように売電価格を設置するからです。

メーカー選びのポイント

・発電効率
・パネルの耐久性
・コスパ
・屋根に乗るサイズ
・悪天候でも発電できる
・変換効率
・重量、サイズ
・保証内容

また、自宅の環境や重視したいポイントに適したメーカーの製品を選ぶことも大切です。たとえば、設置スペースが限られているなら、コンパクトでもしっかりと発電する太陽光パネルを選ぶ、屋根や住宅のデザインにこだわりたいなら、意匠性の高いものを選ぶといった具合です。

太陽光を設置がゴールではなく、設置がスタートです。それから10年、20年と使用をしていくことになります。当社には、すでに10年以上設置されたお客様からも日々、ご相談が寄せられます。

「三菱の太陽光パネルがついていますが、パワコンが壊れてしまったので取り替えをお願いします」

三菱の太陽光パネル事業は、2020年3月に撤退をしています。(当分は保証は継続的に行い、修理窓口も閉鎖しないとのことですが)

そこで、当社で既存の三菱太陽光パネルと相性が良いパワコンを選定し、お客様にご提案する流れになりますが、制約もあり選択肢も限られることになります。

お客様のニーズに合わせてどのメーカーがベストなのかは異なりますが、国内メーカーであっても事業の撤退により、十分なアフターフォローが得られない場合もあります。その点も考慮してメーカーを選ぶ必要があります。

保証の内容や期間

国内メーカーで毎年シェアの上位を誇っており、販売実績が豊富なシャープの保証についてご紹介します。こちらを基準に保証内容を比較ください。

太陽光パネル保証の詳細

シャープ製の太陽光パネルには標準で20年間という長期の出力保証が付いています。有償のオプションではシステム機器を15年間保証する「まるごと15年保証」も用意されており、修理や交換費用も保証に含まれていますので、非常に安心感が高いことが特長です。

無償で20年のモジュール出力保証

50kW未満の産業用太陽光発電システムの場合、シャープの太陽光パネルには20年間の長期出力保証が無償で提供されています。 長年の販売実績、高い品質、そして長期信頼性を高める取り組みにより、このような長期の出力保証が無償で提供できていると言えます。

保証されている出力値は以下の通りです。
・系統連係開始日から10年:公称最大出力の下限値の90%
・11~20年:公称最大出力の下限値の80%

また、製造上の故障を保証する機器保証は「系統連系開始日から1年」となっています。無償での出力保証ではありますが、申し込む必要がある点には注意してください。

まるごと15年保証(有償)

まるごと15年保証

無償の20年間出力保証とは別に、有償の周辺機器保証(システム保証)が用意されています。

保証される周辺機器

・産業用太陽光パネル
・パワコン
・電力モニタ
・ケーブル
・架台
・電力センサー
・開閉器
・ストリングコンバータ

※シャープ製機器が保証対象

これら全ての周辺機器が保証の対象となりますので、万が一故障しても修理や交換費用も保証に含まれていますので安心です。
特にパワコンの寿命は10年前後と言われおり、20年間の売電期間中に1度は交換する可能性が高いため、保証で賄えるのは非常に助かるでしょう。

また、無償の出力保証と同様にこの「まるごと15年保証」も申し込みが必要で、引き渡し日から1ヶ月以内に申し込みが必要となります。無償の出力保証と有償のまるごと15年保証を同時に申し込むことも可能ですので、出力保証と周辺機器の保証を同時に受けることができます。

太陽光と合わせて導入を検討したい設備

蓄電池

太陽光と一緒に検討したい設備としてまず最初に考えるのが蓄電池です。設置から10年は2024年に設置した場合の売電価格は1kWhあたり16円ですが、それ以降は九州電力管内では7円になります。蓄電池をつけることで、自家消費比率を高め、電気代削減効果を高めていくのが今の主流になっています。地震や災害の際にも電気を使えるため、生活での安心感も高まります。

後からつけるよりも太陽光と同時に設置した方が、費用を抑えることができます。理由としては、工事費用を抑えることができることに加えて、蓄電池の導入にあたって後からパワコンを変更する必要がないからです。

EV充電設備

今のトレンドです。電気自動車を購入の際に、太陽光発電を検討されるお客様も増えています。将来的に、ほとんどの方がEVを購入することになります。太陽光で発電した電気を電気自動車に貯めるだけではなく、貯めた電気を災害時に活動することができるV2Hシステムも各メーカーから発売されています。(2023年10月時点ではパナソニック、ニチコン、2024年4月にシャープも発売開始)太陽光、蓄電池、V2Hに対応したトライブリッドパワコンを設置しておくと、後からパワコンの変更の必要がなくなります。

エコキュート

売電価格が年々低下している中で、自家消費を高めていくことがメリット大きくする秘訣。最新のエコキュートでは、太陽光との連携が可能です。夜の電力単価が安い時間帯にお湯を沸かすことでメリットが得られるエコキュートですが、太陽光発電の余剰電力も活用することでさらに電気代削減効果を高めてくれます。

熊本の太陽光工事はくらしのドクターにお任せください

我々スタッフが直接ご提案!

九州電設くらしのドクターは、商品知識も豊富で、工事も得意で、電気にも詳しいです。

九州電設くらしのドクターは、熊本に本社があり創業38年で、電気工事士在籍数が熊本県No1です。年間で数多くの太陽光を施工し、経験やデータを蓄積することで日々、品質の向上に努めています。

自分の家だと思い、”見えないところ、細部にも妥協しない”。そして、熊本の地元企業としてお客様の信頼や期待に応えていく。

家電量販店とは違い、メーカーに縛られることはなくそれぞれのメーカーのメリット・デメリットを正直にお伝えした上で、お客様に本当にあったものをご提案します。

対応エリア

熊本市中央区、熊本市西区、熊本市北区、熊本市東区、熊本市南区、合志市、菊陽町、大津町、益城町

熊本に本社を置く地元企業だから、故障・修理の相談にも親身に対応します。

関連するコラム

LINEで写真を送って簡単見積もり